将棋日本シリーズ、第42回JTプロ公式戦は25日、2回戦第4局が東京都渋谷区で指され、先手の藤井聡太三冠(19)が113手で千田翔太七段(27)に勝ち、初めてベスト4に進んだ。

 藤井三冠はトップ棋士12人が参加する日本シリーズ3度目の出場。2019年は1回戦で敗れ、昨年は2回戦で豊島将之竜王に敗退していた。11月3日、名古屋市で行われる準決勝で永瀬拓矢王座と対戦する。

 この対局は高松市で予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で開催地が変更になった。