将棋の第1期白玲戦決勝7番勝負の第4局は16日、奈良市で指され、後手の西山朋佳女流三冠が渡部愛女流三段を破り、4連勝でタイトルを獲得、初代「白玲」の座に就いた。