囲碁の日本棋院は29日、女流採用試験の最終戦を行い、小学6年の張心治さん(12)が6勝1敗で1位を決めた。4月にプロ入りし、中学1年の仲邑菫二段(12)に代わって現役最年少の棋士となる。

 張さんは張栩九段(42)と小林泉美七段(44)の次女。姉の張心澄初段(15)に次ぐプロ入りで、曽祖父の故木谷実九段から4代続くプロとなる。泉美七段の父が小林光一名誉棋聖(69)、母が故小林礼子七段で、礼子七段の父が木谷九段。

 張さんは「うれしい。まだ実力不足なので、もっと強くなりたい」と話し、父の張九段は「世界でも戦えるような棋士になってほしい」と期待を込めた。