「ゴルゴ13」の作者で昨年9月に84歳で死去した劇画家のさいとう・たかをさんのお別れの会が29日、東京都千代田区のホテルで開かれた。

 さいとうさんは劇画の第一人者として長年活躍し、分業制による漫画制作を提唱するなど数々の功績を残した。世界を股にかける謎めいた暗殺者を描いた代表作「ゴルゴ13」は「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定。現在も、さいとう・プロダクションが遺志を継ぎ、小学館の漫画誌「ビッグコミック」で連載を続けている。