JR北海道、札沼線の一部廃止へ 北海道医療大学―新十津川間

 JR北海道の不採算路線見直し問題で、札幌市と新十津川町を結ぶ札沼線(76.5キロ)のうち、沿線4町が廃止に合意した北海道医療大学―新十津川(47.6キロ)について、JRと4町は10日までに、廃止日を2020年5月7日とする方針で一致した。

 関係者によると、廃止を惜しむ鉄道ファンが多く訪れることが予想されるため、5月の大型連休最終日の6日に最終列車を走らせ、翌7日に廃止することにした。今月20日に4町長とJRが覚書に調印し、JRが国土交通省に廃止を届け出る。

 同区間を巡っては今年10月、月形町など4町の町長らが廃止とバス転換の受け入れを表明していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索