新成人、未来は「明るい」4割弱 「暗い」は62.8%

 東京五輪や国際博覧会(万博)を控え、日本の未来は「明るい」と考えている新成人は37.2%―。インターネット調査会社「マクロミル」(東京)が、今年成人式を迎える500人を対象に実施したアンケートでこんな結果が出た。「明るい」を選んだ割合は2年連続で増加したものの「暗い」は62.8%に上った。

 調査は昨年12月18、19日にネット上で実施し、今回で12年目。同社の担当者によると、「明るい」の理由として、2020年東京五輪・パラリンピックや25年大阪万博の開催を挙げる人が多かった。

 一方で「暗い」の理由には少子高齢化への不安や政治問題が目立った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索