西鉄「走るレストラン」が出発 沿線活性化目指す

西鉄「走るレストラン」が出発 沿線活性化目指す

 西日本鉄道は23日、福岡県の天神大牟田線で、沿線食材を生かした料理を味わえるレストラン列車「ザ レールキッチン チクゴ」の運行を始めた。最初の列車は、西鉄福岡(福岡市)から大牟田(同県大牟田市)へ向かうコース。観光客らを幅広く呼び込み、沿線の活性化を目指す。

 既存電車を約5億円かけて改造した3両編成で、外装はキッチンクロスを模した赤いチェック柄にした。車内の天井や壁は、地元の伝統工芸品の瓦や手編みの竹細工で装飾した。車内の窯で焼いたピザなどの料理を、大川家具職人が手掛けたテーブル席で楽しめる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索