【新世代の抵抗】200万デモの衝撃 新SNS拡散 壁越えた香港市民

【新世代の抵抗】200万デモの衝撃 新SNS拡散 壁越えた香港市民

 香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正に反対する香港市民の大規模デモ。今月9日には103万人、16日には主催者発表で「200万人」が参加した。香港政府トップの林鄭月娥行政長官は18日会見して混乱を招いたとして市民に謝罪、逃亡犯条例について、市民の理解が得られない限り「絶対に改正作業を再開しない」と述べた。

 デモ参加の若い世代が積極的に活用しているSNSは保秘性が高い通信アプリ「テレグラム」。中国大陸から「大量のデータを送りつけ通信機能をまひさせる『DDoS攻撃』を受けた」(テレグラム創業者)という。2014年の民主化選挙を求めた「雨傘運動」は目的が果たされず、その後、社会に無気力感が漂った。しかし、今回はその運動に参加していなかった10代の若者が加わっている姿が目立つ。

 ネットを巡り「統制」と「抵抗」の狭間で香港の新世代はデモ行動も進化させ、民意を世界に伝えた。奇しくも6月18日は59年前、日本の国会が日米新安保条約の抗議デモ(参加者約33万人)によって包囲された日だ。(まとめ 共同通信=柴田友明)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索