鈴木五輪相、地下鉄で登庁 混雑緩和策「時差出勤は快適」

鈴木五輪相、地下鉄で登庁 混雑緩和策「時差出勤は快適」

 鈴木俊一五輪相は22日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた混雑緩和策の一環として地下鉄丸ノ内線を使って内閣府に登庁した。午前11時半ごろに登庁後、記者団の取材に応じ「時差通勤だったので車両がすいていて快適だった」と話した。

 普段は公用車での出勤だが「まずは隗より始めよということだ。省庁が車を走らせておいて、国民に車を使うなとは言えない」と強調。今回の混雑緩和策で出たデータを分析した上で、大会本番に臨む考えを示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索