笑顔甲子園、高3女子グランプリ 愛媛で決勝、コント演じ

笑顔甲子園、高3女子グランプリ 愛媛で決勝、コント演じ

 高校生が漫才や落語などでお笑い日本一を競う第9回「笑顔甲子園」の決勝が25日、愛媛県新居浜市で開かれ、コントをした東京都立の高校に通う3年生の有元桜子さん(18)=芸名有元さくら子=がグランプリを獲得した。

 有元さんは、憧れの男性の先輩に告白しようとして近づくと、思ったよりも顔が好みではなかったことに気付いた女子を面白おかしく演じた。「受賞は自信になった。ネタが面白いと思ってもらえる芸人になりたい」と喜びを語った。

 笑顔甲子園は、新居浜市が地元の人を笑顔にしようと2011年から開催。23組の応募があり、決勝には予選を勝ち抜いた6都県の10組が参加した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索