学テ、マイクのハウリング影響か 中3英語「話す」の録音不具合

 今年4月に実施された全国学力テストの中3英語のうち「話す」の出題で、解答の録音に不具合があった問題を巡り、文部科学省の専門家会議のワーキンググループ(WG)は20日、検証報告書を公表した。テストで使われたタブレットの一部では、基本ソフト(OS)が最新バージョンでなく、内蔵マイクとヘッドセットがハウリングを起こした可能性があるなどとした。

 生徒同士の席が近く、隣の発話が耳に入り、解答に影響したという申告があったとも指摘。3年後に予定されている次回テストに向け、学校の情報通信技術(ICT)環境整備を一層進めるべきだとした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索