初回の共通テスト英語は予定通り 出題、配点の方針を維持

初回の共通テスト英語は予定通り 出題、配点の方針を維持

 大学入試センターは15日、2020年度が初回となる大学入学共通テストの英語で、予定通り「読む・聞く」の2技能のみを測る出題とする方針を発表した。本年度で最後となる大学入試センター試験と比べてリスニングを重視した配点も維持する。

 センターは6月、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る英語民間検定試験の導入を前提に、大学入試センター試験の出題の一部廃止や、配点を改める「共通テスト問題作成方針」を公表。その後、民間試験の導入見直しが決まり、方針変更の必要性について検討していた。21年度の方針は、来年6月ごろ示す見通し。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る