羽田新ルート、定期便でテストへ 国交省、都心上空で1月から

 国土交通省は15日、羽田空港国際線増便のため、来年3月29日から運用を始める都心上空の新飛行ルートに関し、民間の定期便を実際に飛行させ、管制官による手順などの確認作業を来年1月30日から3月11日の間に実施すると発表した。羽田に到着する大型機とヘリコプターや小型機の事故を防止するため、飛行空域を分離することも明らかにした。

 同省は今月18日から来年1月にかけて、東京、埼玉、神奈川で計60回、第6次の住民説明会を開催する予定。運用開始までの詳しい日程を示す考えだ。

 国交省によると、確認は北風と南風が吹いた際に分け、期間中にそれぞれ7日間程度の見込み。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る