名物うどん日本一に群馬・館林 「全国サミット」、来場者が投票

名物うどん日本一に群馬・館林 「全国サミット」、来場者が投票

 各地の名物うどんを集め来場者の投票で日本一を決める「全国ご当地うどんサミット」が17日、埼玉県熊谷市で開かれ、群馬県館林市の「上州牛の炙り釜玉」がグランプリに輝いた。国産小麦の消費拡大などを目的に2011年から始まったイベントで、毎年開催されている。

 会場の公園には、全国各地から30のブースが出店。埼玉県行田市の会社員仁平悟史さん(34)は2位になった愛知県蒲郡市の「ガマゴリうどん」をすすり「これで4種類目。普段は味わえないのでうれしい」と笑顔を見せた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る