地方移住を支援するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京)は5日、2020年の窓口相談者が選んだ都道府県別の移住希望地ランキングを発表した。静岡が前年3位から初のトップとなり、3年連続で首位を守っていた長野を逆転。2位は前年5位の山梨で、長野は3位に入った。

 新型コロナウイルス禍で、テレワークによる在宅勤務が普及。「職場へのアクセスの良さより『もう1部屋多い』など住環境の良さを求め、引っ越し感覚の移住希望が増えた」(同センター)と分析している。

 メールや電話を含む窓口相談者からの回答4400件を集計した(複数回答可)。