【ロンドン共同】査証(ビザ)なしで渡航できる国や地域の数を比べた「パスポート・ランキング」で、日本のパスポートは193となり、首位を維持した。永住権取得などに関するコンサルタント会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が14日までに明らかにした。同ランキングは、新型コロナウイルス流行による各国の渡航制限を加味していないという。

 米メディアによると同社は声明で、新型コロナ対策として海外への渡航を制限する国が多く「いかなる海外旅行も理論上でしかない」と前置き。東京五輪・パラリンピックから海外の観客を締め出す日本が首位なのは「いささか皮肉なことだ」と指摘した。