東武鉄道は20日、東京都足立区を走る東武大師線西新井―大師前間の約1キロで2023年度以降、運転士資格のない乗員だけが列車に添乗する「グレード3」の自動運転を試験すると発表した。「大手私鉄で初のグレード3の実用化を目指す」としている。

 東武によると同区間は踏切がなく、2両編成で短いため試験に適している。国土交通省と協議を進め、将来的な実用化を図る。新型コロナウイルス禍での乗客減を受けたコスト削減や、労働力不足への対応が狙い。

 国際規格を認定するIECは、鉄道の自動運転レベルを0〜4の5段階に分類。グレード3は乗員が避難誘導を受け持ち、運転には関わらない。