1976(昭和51)年6月14日、ロッキード事件を契機に河野洋平氏(手前)ら自民党議員が離党を表明。同氏を代表に(左から)田川誠一、有田一寿、西岡武夫、山口敏夫の各氏ら6人で「新自由クラブ」を旗揚げしたが党内の路線対立により10年後に解党。