千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」で、6頭のゾウが相次いで体調を崩し、うちアジアゾウの雌2頭が死んだことが17日、同園への取材で分かった。園によると、食中毒の疑いがあり、残り4頭は快方に向かっている。

 同園によると、14日午後、6頭の食欲が落ちて水も飲まなくなった。腹部が張って便が出ず、うずくまるなど苦しそうな様子で、点滴や投薬を受けたが、16日未明に30歳の「プーリー」が、同日午後に35歳の「ミニスター」がそれぞれ死んだ。

 2頭は人間で言えば30代ぐらいで、健康状態は良好だったという。園は1頭を今後解剖し死因を調べる。もう1頭は既に埋葬した。