神奈川県横須賀市の市役所庁舎で17日午後2時15分ごろ、高齢男性が名乗らずにリュックサックを市職員に渡し、立ち去った。職員が中身を確認すると、現金6千万円と「何かの役に立ててください、寄付します」と書かれた市長宛ての手紙が入っていた。市は寄付金として取り扱い、使途を検討する。

 市によると、男性は70〜80代くらい。リュックを手渡す際「中に手紙が入っている」と話し、現金のことは言及しなかった。小学1年から始めた貯金だという説明が書かれていた。

 上地克明市長は「大変な驚きとともに、感謝の気持ちで言葉にならない」とのコメントを出した。