1964(昭和39)年10月23日、東京五輪体操女子でベラ・チャスラフスカ(チェコスロバキア)が優美な演技で個人総合など三つの金メダルを獲得。気品に満ちた「五輪の名花」はメキシコ大会でも金4、銀2と圧勝したが、ソ連の軍事侵攻で自由化運動「プラハの春」が粉砕され、運動に加わった彼女も弾圧された。