【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市で26日、3100マイル(約4989キロ)を52日間以内に走る世界最長の耐久走が最終日を迎え、横浜市の看護師瀬ノ尾敬済さん(38)が日本人として初めて、51日12時間50分52秒で完走した。期間中、19足の靴を履きつぶしたという瀬ノ尾さんはゴール後「力を全て出し切った。禅のように何も考えずに走った。ゴールできて夢のようだ」と語った。

 この耐久走は1997年に始まった「シュリチンモイ自己超越3100マイルレース」。1周約883メートルのコースを計5649周、1日に走る距離が最短でも平均約96キロに及ぶ過酷なレースだ。