全日本空輸、日本航空は3日、日本に到着する国際線の新規予約受け付けを再開すると決めた。4日午前0時からの予定で、駐在員や出張者の帰国需要に対応する。新型コロナウイルス「オミクロン株」流行を防ぐため、政府は入国者数を1日当たり3500人に制限しており、まだ余裕がある日などは予約できるようにする。一部の国外航空会社は3日までに受け付けを再開した。

 12月は帰国便の多くで予約が埋まっているが、国土交通省と航空各社は、入国者数制限に対し余裕のある日で新規予約を受け付ける。外国人の新規入国禁止で予約キャンセルがあれば、その分も活用できる見込みだ。