1960(昭和35)年5月23日、南米チリ沖でマグニチュード9.5の大地震が発生。地球を半周した津波が翌24日、北海道、三陸、紀伊半島などの太平洋沿岸を襲った。家屋の全壊1500棟、死者・行方不明142人に上る大被害。宮城県塩釜市では商店街まで船が打ち上げられた。