1968(昭和43)年12月2日、東京、メキシコ五輪の陸上100mに出場した日本記録保持者、飯島秀雄がプロ野球のロッテに入団。ドラフト9位に指名され海外でも珍しい代走専門選手に。3年の在籍で117度起用され成功は23回、盗塁死17、けん制死5と期待外れに終わるが、話題で観客を倍増させた。