2005(平成17)年6月10日、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(83)が18年間務めた岩手県浄法寺町の天台寺の住職を退任することになり、記念する式典が行われた。寂聴さんは「住職生活も20年近くになり、一つの節目として隠居することにした。無我夢中で一生懸命取り組んできた。長いようで短かった」と話した。