京都市は14日、祇園祭の見せ場となる前祭の山鉾巡行(7月17日)で、市役所本庁舎の屋上庭園から巡行を観賞できるモニターを募集すると発表した。初の取り組みで、庁舎の有効活用につなげたい考え。市民に限定せず最大100人を抽選で決める。無料。

 中京区にある庁舎は地上4階建て。山鉾が90度方向転換する河原町御池交差点に面している。屋上庭園は2021年に終えた改修工事で整備され、平日の日中は誰でも出入りできる。

 担当者は「せっかくの好立地。ぜひ京都の伝統文化を見てもらいたい」と話した。

 申込期間は7月8日までで、応募方法は市ホームページに掲載。参加者にはアンケート回答を依頼する。