ハート形の大きな粒が愛らしい高級サクランボ品種「ジュノハート」が18日、青森県八戸市の市中央卸売市場で初競りにかけられ、上級ブランド「青森ハートビート」15粒入り1箱に50万円の最高値が付いた。1粒当たり3万円超。同市の洋菓子店が競り落とすと、市場は大きな拍手に包まれた。

 ジュノハートは青森県が独自開発した品種で、500円玉より大きな粒と糖度約20度の甘みが特徴。ジュノハートは43箱、品質検査で秀でた青森ハートビートは10箱売られた。22日以降、東京や大阪の大手百貨店などで販売される予定。