福岡高裁、全員を被爆者と認めず 体験者161人が敗訴、第2陣

福岡高裁、全員を被爆者と認めず 体験者161人が敗訴、第2陣

 長崎原爆を巡り、国が定める地域外にいたため、被爆者と認められない「被爆体験者」161人が、被爆者健康手帳の交付を求めた第2陣訴訟の控訴審判決で、福岡高裁(矢尾渉裁判長)は10日、原告のうち10人を被爆者と認めた一審長崎地裁判決を取り消し、全員の訴えを退けた。原告側は上告する方針。

 先行した第1陣訴訟では最高裁が昨年12月、原告387人について被爆者と認めず、敗訴が確定していた。

 指定地域は、当時の長崎市の行政区域に沿って爆心地から南北約12キロ、東西約7キロで線引きされている。その外側で半径12キロ以内にいた場合は被爆体験者とされ、援護内容に格差がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索