不正入試、東京医科大を提訴 受験料返還請求、特例法初

不正入試、東京医科大を提訴 受験料返還請求、特例法初

 東京医科大(東京)の不正入試問題で、特定適格消費者団体の認定NPO法人「消費者機構日本」(同)は17日、消費者裁判手続き特例法に基づき、同大学が受験生に受験料を返還する義務があることの確認を求めて東京地裁に提訴した。同法に基づく訴訟は初めて。勝訴が確定すれば、受験生への返還手続きに移る。

 消費者裁判手続き特例法は2016年10月に施行され、トラブルの被害者に代わり、国が認定した特定適格消費者団体が被害回復のための訴訟を起こすことができると定めている。

 東京医科大によると、入試で女性や3浪以上の受験生の得点が少なくなるよう調整していた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索