青森沖漂流の2人、北朝鮮帰国へ 入管当局、長崎に移送

 青森県沖の日本海を木造船で漂流中、秋田海上保安部の巡視船に救助された北朝鮮国籍の男性2人について、東京入国管理局は18日、長崎県大村市の大村入国管理センターに移送したと明らかにした。帰国に向けた手続きを進めているという。

 この日、2人は入管難民法に基づき一時的に入国できる「遭難上陸」の許可を受け、朝に青森港で巡視船を下りた。仙台入管の車で仙台空港に行き、空路で長崎入りし、午後、センターに着いた。

 第2管区海上保安本部(塩釜)によると、2人は20代。13日に青森県深浦町沖を木造船で漂流しているのを発見された。「漁のため北朝鮮を出た。帰りたい」と話していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索