リチウム電池発火、5年で倍増 NITE、注意呼び掛け

リチウム電池発火、5年で倍増 NITE、注意呼び掛け

 製品評価技術基盤機構(NITE)は24日、スマートフォンやノートパソコンなどに使われるリチウムイオンバッテリーの発火事故が、5年間で2倍以上になったとして、注意点を呼び掛けた。

 NITEによると、2018年3月までの5年間にバッテリーの発火は402件あった。13年度は46件だったが、17年度は121件に上った。18年度はこれを上回るペース。

 NITEの担当者は注意点として(1)リコール対象か確認する(2)就寝中に体の近くで充電しない(3)衝撃を与えない(4)分解や改造をしない―ことを挙げている。

 経済産業省は、うち「モバイルバッテリー」を規制対象とする。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索