「虐待」父刺殺の少年に不定期刑 横浜地裁「ほかの手段あった」

「虐待」父刺殺の少年に不定期刑 横浜地裁「ほかの手段あった」

 2018年1月、自宅で父親=当時(44)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決で、横浜地裁は19日、懲役4年以上7年以下(求刑懲役5年以上10年以下)の不定期刑を言い渡した。弁護側は父親による虐待やドメスティックバイオレンスが事件を引き起こしたとして、少年院送致の保護処分を求めていた。

 判決理由で深沢茂之裁判長は、少年や母親に対する父親の暴力があったと認定。口論になった両親を見て、少年が「母親に危害を加えられると誤信してもやむを得なかった」とした。

 その上で、「他に取り得る手段があり短絡的で正当化できない」とした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索