自衛隊車両、コマツが開発中止 コスト考慮「継続困難」

自衛隊車両、コマツが開発中止 コスト考慮「継続困難」

 建設機械大手のコマツ(東京都)が、自衛隊車両の新規開発事業から手を引く意向を防衛省に伝えていたことが21日、同社への取材で分かった。開発にかかるコストと見込まれる利益を考え「経済的合理性の観点から、このまま継続するのは困難」と説明している。

 コマツは陸上自衛隊の軽装甲機動車(LAV)やNBC(核・生物・化学)偵察車などを開発、製造してきたが、昨年秋、新たな装輪装甲車の開発などに今後、参入しないと防衛省に伝えた。

 LAVは既に生産を終了。NBC偵察車は現行モデルの納入には応じるほか、いずれの車両に関しても一定期間はメンテナンスを続けるという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索