会社敷地に500人分の人骨放置 東京・足立、「インドから輸入」

 東京都足立区の会社敷地で、約500人分の人骨が放置されているのが見つかっていたことが22日、警視庁西新井署などへの取材で分かった。西新井署によると、会社は骨格標本の製作が業務で「インドから輸入した」と説明している。同署は、社長から事情を聴くなど経緯を詳しく調べている。

 西新井署などによると、敷地内では昨年秋、会社関係者の男性が死亡しているのが見つかった。同署は男性の死亡に事件性はないとみているが、署員が死亡の経緯を調べた際、頭蓋骨などを発見した。人骨は死後数十年が経過しているものが多い。事件に関連している可能性は低いとみられる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索