TDL労災認定の元ダンサー提訴 「パレードで膝痛になった」

 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)でダンサーとして働いていた大川英典さん(51)が、パレードなどで膝痛になったのは安全配慮義務違反が原因だとして、運営会社「オリエンタルランド」と元上司の男性に計約1億5400万円の損害賠償を求めて千葉地裁に提訴したことが19日、分かった。昨年11月24日付。

 大川さんは1995年6月に同社と出演契約を結び、パレードやショーに出ていたが、96年4月に両膝痛を発症し、同9月に契約更新を断念。「両膝膝蓋靭帯炎」と診断され、労働基準監督署が2005年3月に過重労働と症状の因果関係を認め、労災認定した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索