特殊詐欺出し子、1億円出金疑い 警視庁が女を逮捕

 特殊詐欺でだまし取られた高齢者のキャッシュカードで現金約1億円を引き出したとして、警視庁池袋署は19日までに、窃盗容疑で当時19歳だった茨城県阿見町の無職の女(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年8月10〜13日、80代の女性のキャッシュカード18枚を使って約100回にわたり、東京都中央区の銀行などの現金自動預払機(ATM)から計約1億円を不正に引き出した疑い。

 同署によると、容疑を認め「引き出した金は指示されたロッカーに入れた」と供述、特殊詐欺グループで口座から現金を引き出す「出し子」だったとみられる。約1億円は見つかっていない。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索