夫婦別姓、賠償請求退ける 東京地裁は「合憲」と判断

夫婦別姓、賠償請求退ける 東京地裁は「合憲」と判断

 日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できる規定が戸籍法にないのは憲法違反だとして、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長(47)ら4人が国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、合憲と判断し、請求を棄却した。

 中吉徹郎裁判長は「夫婦同姓の原則」を定めた民法の規定は合憲で、法律上、異なった姓にならないようにするため、戸籍法が別姓を認めていないことには、合理的な根拠があると指摘した。

 戸籍法の規定では、日本人同士の離婚や日本人と外国人の結婚と離婚では同姓か別姓を選ぶことができる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索