鈴木宗男氏側が即時抗告 再審請求棄却を不服

鈴木宗男氏側が即時抗告 再審請求棄却を不服

 受託収賄などの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員(71)の弁護人は25日、再審開始を認めなかった東京地裁決定を不服として、東京高裁に即時抗告した。

 弁護人は「証人が記憶に反する証言を強いられ、有罪認定の根拠になった」として再審請求したが、地裁は20日に「虚偽の供述を強要した合理的な疑いはない」として棄却した。

 確定判決によると、北海道開発庁長官だった1997〜98年、建設会社から道開発局発注の工事に関して請託を受け、現金600万円を受け取るなどした。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索