仙台市の駐在所に手りゅう弾か 「父の遺品」届け出

仙台市の駐在所に手りゅう弾か 「父の遺品」届け出

 23日午前10時50分ごろ、仙台市青葉区、仙台北署桜ケ丘駐在所に手りゅう弾のような物が届けられた。県警は駐在所を中心に半径100メートルの範囲を規制し、住民を避難させた。住宅で父親の遺品を整理していた60代男性が見つけ、駐在所に2個届けたという。仙台市は避難所を1カ所開設した。同署が詳しい状況を調べている。

 現場はJR仙山線北山駅から北に約2キロで、一戸建てが立ち並ぶ住宅街。小中学校も近くにある。仙台市立桜丘中の教頭は「詳しい状況は分からない。教育委員会と連絡を取りながら対応を決めていく」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索