駅でAIが案内、実験第2弾 JR東日本、8月から首都圏で

駅でAIが案内、実験第2弾 JR東日本、8月から首都圏で

 JR東日本は18日、人工知能(AI)を活用した案内システムの大規模実証実験の第2弾を8月5日から11月10日の日程で実施すると発表した。前回実験で浮かんだ課題を生かして改良を進めたロボットやデジタルサイネージ(電子看板)が首都圏の計8駅に登場。2020年東京五輪・パラリンピックでの実用化に向け、対応力を磨く。

 JR東によると、昨年12月から約3カ月間にわたる前回実験では、利用客とシステムの間で延べ約30万回のやりとりがあった。その結果「周りの目が気になり、案内画面に話し掛けにくい」と感じる乗客が多いなどの問題点が判明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索