G20、警備犬も出動へ 大阪府警、昨年導入

G20、警備犬も出動へ 大阪府警、昨年導入

 28、29日に開かれる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で、大阪府警が昨年導入した警備犬が大舞台での警戒に挑む。期間中はサミット関連施設で活動する予定で、担当者は「警備する犬の姿がテロへの抑止力となる。府民の安心につなげたい」と意気込む。

 警備犬はテロリストの制圧や爆発物の探索、災害現場での救助活動が任務だ。鑑識課に所属し事件の遺留物のにおいを追う警察犬と比べ、爆薬のにおいをかぎつけることを専門とする。

 府警はこれまで、出動が必要な際は民間の嘱託犬とハンドラーに出動を依頼してきた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索