警察学校教官が巡査刺す、岡山 訓練中、誤ってナイフで

 岡山県警察学校の教官の男性警部補が昨年12月、県警に昨春入り当時巡査だった男性の胸を訓練中にサバイバルナイフで誤って刺したとして、業務上過失傷害罪で罰金50万円の略式命令を受けていたことが17日、県警への取材で分かった。既に罰金は納付済みで、今年2月に所属長訓戒処分を受けた。男性は1月に依願退職した。

 県警によると、訓練は模造の日本刀を持った犯人に対応するもの。犯人役の警部補は、説得に応じて模造刀を捨てたが、その後に所持していたサバイバルナイフで胸を誤って2回刺した。1カ所は肺に達しており、男性は数日間入院した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索