京アニ負傷者34人、全員快方へ 命の危機脱したか、事件2カ月

京アニ負傷者34人、全員快方へ 命の危機脱したか、事件2カ月

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、負傷した34人全員が快方に向かい、命の危機をほぼ脱したとみられることが18日、捜査関係者への取材で分かった。35人が犠牲になった事件は同日、発生から2カ月を迎えた。

 捜査関係者によると、重いやけどで依然として集中治療室(ICU)に入院中の負傷者もいるが、全員が回復傾向にある。

 京都府警は第1スタジオの模型を作製。負傷者から、事件当時にいた場所や避難方法、目撃したことなどについて聞き取りを進めている。

 当時スタジオ内にいた社員70人のうち、35人が死亡し34人が重軽傷を負った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索