小4男児の死因は首圧迫、埼玉 空き部屋知り遺体隠したか

小4男児の死因は首圧迫、埼玉 空き部屋知り遺体隠したか

 さいたま市見沼区の集合住宅敷地内で住人の小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった殺人事件で、死因は窒息で、ひも状のもので首を絞めたとみられることが19日、捜査関係者への取材で分かった。遺体が入れられていた「メーターボックス」は空き部屋のものだったことも判明。埼玉県警は空き部屋の存在を知る何者かが置いた可能性もあるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、空き部屋は進藤君一家の居室と対面している。県警は別の場所で殺害後に発覚を免れようと隠したとみて、目撃情報の収集や防犯カメラの映像解析を進めている。

 集合住宅は3階建ての教職員住宅。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索