キャンプ場不明7歳、捜索続く 日没で中断、24日朝に再開

 山梨県警大月署は23日、同県道志村のキャンプ場で21日午後、千葉県成田市から家族らと遊びに来て行方不明となった小学1年の女児(7)の捜索を続けたが見つからず、日没のため中断したと発表した。24日朝から県警本部、地元消防などと共に再開する。

 署などによると、23日は付近の林道や小川を署員らが歩いて捜すなどした。

 女児は21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。別の場所に遊びに行った子どもたちを1人で追い掛け、行方が分からなくなった。女児は当時、黒の長袖シャツにジーパン姿だった。

 キャンプ場は同村役場の東約2キロの山間部にある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索