10袋から汚染土漏出か、福島 田村の仮置き場、大雨で流れ

 台風19号の大雨などにより福島県田村市の仮置き場から除染廃棄物入りの袋「フレコンバッグ」が河川に流出した問題で、市は16日、同日までに19袋を発見してうち17袋を回収、その中の10袋は内容物がなかったと明らかにした。東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土などが入っていたが、漏れ出た可能性が高いという。

 環境省と市によると、仮置き場や河川下流の空間放射線量の測定結果に変化はなかった。内容物については「放射性物質濃度は比較的低く、環境への影響は少ない」としている。

 仮置き場に保管されていたのは2667袋で、1袋は最大1.3トンほど。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る