死亡18人から多剤耐性菌、大阪 院内感染、1人「因果関係高い」

死亡18人から多剤耐性菌、大阪 院内感染、1人「因果関係高い」

 大阪府大東市の阪奈病院は17日、2017年から今年にかけて死亡した結核の入院患者のうち18人が、抗菌剤が効きにくい「多剤耐性アシネトバクター」に院内感染していたと明らかにした。うち男性=当時(71)=について「死亡との因果関係があった可能性が高い」とした。大半は感染確認から2カ月以内に死亡していた。

 川瀬一郎院長は院内での報道陣の取材に「院内感染が続いているとの認識を持てなかった。深く反省している」と陳謝した。病院は多剤耐性菌によって男性の肺炎が悪化し、今年1月に亡くなったことを約7カ月間保健所へ届け出なかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る