福島・郡山市で青酸ソーダ流出 メッキ工場、基準の150倍超

 福島県郡山市は19日、台風19号による阿武隈川の氾濫で、市内のメッキ工場から猛毒のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流出したと発表した。工場外の側溝から排出基準の150倍超が検出された。16日に同じ毒物の流出を確認したのとは別の工場。現時点で、健康被害は確認されていない。

 郡山市によると、流出があったのは同市富久山町福原のメッキ加工会社「サンビックス」の第2工場。工場や周辺は川の氾濫で大規模な浸水被害が出た。浸水によって工場の廃液槽から漏えいした可能性がある。

 シアン化ナトリウムは金属のメッキなどに用いられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る