滋賀の元看護助手、再審無罪へ 呼吸器外し、検察新たな立証せず

滋賀の元看護助手、再審無罪へ 呼吸器外し、検察新たな立証せず

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者=当時(72)=を殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役後に再審開始が決まった元看護助手西山美香さん(39)の再審公判で、検察側が新証拠による立証をしない方針を書面で示したと、弁護団が23日記者会見し明らかにした。西山さんが無罪となる公算が大きくなった。

 井戸謙一弁護団長は会見で「再審公判で早期に無罪判決を出させるために、検察側が方針転換をしたと考えている。事実上、無罪は確実になったのでは」と話した。西山さんは「無罪判決をいち早く言い渡してほしい」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る